消費者金融や銀行のカードローン、キャッシングについての独り言ブログ

消費者金融・銀行情報ブログ

カードローン

過去のキャッシングは不利にならない!ローン審査ではプラス要素に!

投稿日:

銀行や消費者金融のカードローンもしくはフリーローンは、現金が不足した際、最短即日もしくは数日のうちに契約ができ、急いでいる時には助かるものです。また、カードローンなら利用限度枠内であれば何度でも借り入れができ、利用の都度審査を受けることが無いことから利便性があります。

しかし、カードローンやフリーローンなどといったキャッシング契約には良いイメージが無い、もしくは過去に利用したことが将来的にローン審査に不利になると考えるケースがあります。

特に消費者金融は、自己破産者の増加や過払い金といったことから悪いイメージを持つ方もいます。その結果、銀行ローンすなわち住宅ローンや自動車ローン、そして教育ローンなどの目的ローンの審査で信用が下がると考えてしまいます。

ですが、実際には過去の利用実績であれば、将来的なローン審査に影響がなく、条件次第では信用度の面においてプラスに働くこともあります。

先ず、キャッシング契約に限らず、クレジットカードや各種ローン審査で用いられる個人信用情報において、金融取引の実績が無い方よりも定期的に利用している方のほうが信用度は高くなります。つまり、消費者金融でのキャッシングにおいて返済を確実に行っていれば、『返済を問題無く行う人』と判断されることになります。

一方、取引実績の無い方の場合、返済が確実に行われるか判断できない、もしくは過去に債務整理を行っている可能性があると判断されてしまい審査では不利になります。

ですが、将来的に審査においてはプラスになるかどうかは、完済もしくは解約から5年の期間が境目になります。5年を経過すると過去の取引履歴が抹消されてしまい、審査では不利になります。一方で5年以内であれば、取引実績が残ることからローン審査を通過する上では消費者金融の云々はほとんど関係なくなります。

しかし、重要なことは完済もしくは解約しているといった状況であり、カードローンのように契約が継続状態にある場合は、マイナス要素となってしまいます。カードローンの場合、いつでも借り入れが可能な状態にあることから借り入れがあると見做され、高額なローン審査には不利になってしまいます。そのため、あくまで重要なことは過去のキャッシング契約であることとなります。

特にカードローンによるキャッシングは、どんな会社かどうかではなく、契約状態が大きく影響するため、将来的に高額ローンを契約する場合は適宜解約と個人信用情報の情報が完全に無い状態を避けることがポイントになります。

先ずは、消費者金融からの借り入れがあった場合でも、対応次第によりプラスとなることを理解するのがおすすめです。

-カードローン

Copyright© 消費者金融・銀行情報ブログ , 2018 All Rights Reserved.