消費者金融や銀行のカードローン、キャッシングについての独り言ブログ

消費者金融・銀行情報ブログ

カードローン

お金をおろせない時はカードローンが強い味方です

投稿日:

毎日暮らしている中で急にお金が必要になる事って、やっぱり出てきます。

そんな時に貯金が有れば問題ないのですが、社会人になったばっかりで経済的基盤がまだ出来ていないとか、出費が重なって貯えを使い切ったとか本当に困ってしまいます。

周りにお金を借りることの出来るような人が居ればいいのですがなかなかそう都合よく行きませんし、やっぱり知人にお金を借りるというのはちょっと気恥ずかしいものが有ります。

そんな時はカードローンを利用するとうのも一つの解決策です。

通常、銀行でお金を借りるときには使い道を限定されたり、様々な書類の提出を求められたり、審査に時間が掛かったりします。

カードローンは予め借りられる限度額が決められたカードを発行してもらう事により、まるで自分のキャッシュカードからお金を引き出すような感覚でお金を借りる事が出来るサービスなのです。

利用の仕方はそう難しくはありません。まず銀行や消費者金融にカードローンの申請を行い、審査が通ればカードが発行されます。あとはカードの有効期限内で何度でも限度額まで借り入れを行えるというものになります。

カードローンというとかっこいい響きですが、基本的には借金です。借りると利息も付きます。しかしカードローンには様々な安全対策が取られています。まず発行に当たっては信用に関する調査が行われ、カードローン利用者に相応しくない人にはカードの発行が行われません。

カードが発行されても消費者金融系のカードは総量規制の対象なので借入限度額が設けられます。銀行系の場合は総量規制の対象外ですが、きちんとした与信管理がなされます。

また初心者の方でも利用しやすいよう最初の借り入れの場合は利率がゼロ、もしくは低利率といった特典が付く場合が有ります。

銀行で自分の口座からお金をおろすには曜日や時間帯によって手数料がかかることが有ります。深夜のコンビニなどでは手数料額は結構大きな物になります。直ぐに必要なお金を返せて金額が小さい場合は手数料よりもカードローンの利息の方が少額な事もお得と言えます。

実際に使うかどうかは別にしといて、何かあった時のために第二の財布として予めカードローンを利用できるようにしておくと、安心して日常生活を送ることが出来るようになります。

最後にカードローンは便利な反面、通常の銀行借り入れよりも高い利率となっています。大きなお金を長期間借りた状態にしておくと思わぬ金額の利息が取られる事になりますので、その点はよくよく注意する必要があります。

-カードローン

Copyright© 消費者金融・銀行情報ブログ , 2018 All Rights Reserved.