消費者金融や銀行のカードローン、キャッシングについての独り言ブログ

消費者金融・銀行情報ブログ

カードローン

使っていないカードローンを解約したほうがいい理由とは?

投稿日:

カードローンは、いつでもカード1枚でお金を借りることが出来る便利なサービスですが、使わないまま放置している場合は解約したほうが良いと言えます。

なぜなら、住宅ローンなどの審査を受ける場合に不利になってしまう場合があるからです。もちろん、新しいローンを組む予定が全くない場合や、もしものためにいつでもカードを使えるようにしておきたいといった場合は解約する必要はありませんし、特にデメリットはないと言えます。

しかし、今後ローンを組む予定がある場合は、使っていないカードローンの解約を検討したほうが良いと言えるでしょう。

ではなぜカードローンを解約しないと住宅ローンなどの審査に影響してしまうのかというと、それは、いつでも借金が出来る状態にある人にはお金を貸しづらいという金融業者側の理由があるからです。

金融業者は信用情報を元に審査を行うため、既にカードローンの契約している場合はそれだけで審査が不利になってしまう場合があります。信用情報というのは、金融業者同士で情報を共有するための機関(個人信用情報機関)によって集められた、契約内容や利用履歴などの情報のことです。

そしてこの信用情報は、さまざまな金融機関で共有されているため、過去の一定期間内にカードローンを利用したことがある場合は、別の金融業者を利用する場合でもその情報が知られてしまいます。

ですので、住宅ローンなどの大きなローンの審査をする際、既に大きな借金があることが信用情報により分かった場合は、融資が不利になる可能性が高くなってしまいます。

なぜかというと、返済能力が足りないとみなされたり、他の金融業者への返済が優先される可能性があると思われてしまうからです。そして大きな借金がない場合でも、カードローンの契約をしている場合はいつでもお金を借りられる状態にあるわけですから、金融業者にとっては不安材料になってしまうため、審査が不利になってしまう場合があります。

ただしその人に返済能力があるとみなされれば、借金やカードローンの契約があっても審査に通ることは出来るため、1人1人の状況にもよると言えますが、大きなローンをする場合は解約をしておいた方が無難だと言えるでしょう。

また、信用情報における解約情報に関しては、その情報が信用情報に反映されるまでにタイムラグが生じる場合があるため注意が必要です。

短い場合だと数日で信用情報に反映される場合もありますが、長いと1ヵ月程度かかることもあるため、新たなローンを組む場合は早めにカードローンの解約を行うことも必要でしょう。

CICが保有する信用情報|信用情報について|指定信用情報機関のCIC
https://www.cic.co.jp/confidence/posession.html

-カードローン

Copyright© 消費者金融・銀行情報ブログ , 2018 All Rights Reserved.